生まれてくる子供の名前で人生が変わる?男の子女の子につけたい名前

虫眼鏡で読書

四柱推命について

今やほとんどの人が知っている四柱推命。今から生まれてくる男の子、女の子の名前もそうですが、時間も実は大切なことの一つなんです。それがどういうことを意味しているのかを簡単に説明しています。

本に挟まっている虫眼鏡

姓名占い人気芸能人

ゲッターズ飯田とはいったいどういう人物で、何を基本に占いを行っているのか。今更聞けないあんなことやこんなことを多数掲載。占いn登竜門というべき彼の存在を知っておこう。

ネックレス

記事一覧

「生まれてくる子供の名前で人生が変わる?男の子女の子につけたい名前」の記事一覧です。

占いの歴史

タロット占い

赤ちゃんの名前を占える姓名判断の専門サイトがこちらです。

夢占いを無料で診断できるサイトがこちら。詳しく診断結果が出るので人気ですよ。

朝の情報番組の占いを見て会社に出勤するという方は多いかもしれません。また、雑誌の最後の方のページやお菓子の包み紙など、今の私たちの生活の中に占いは欠かせない様な存在になっているかもしれません。「私、全くそういうのには左右されないタイプなの!」と言い切っている方もいるかとは思いますが、もし自分の星座が最下位だったのを見たときに1日少しブルーになってしまったりする方も少なくはないはず。
そんな日常的にある占いの歴史は実は古く、紀元前2000年前から存在しているといわれています。チグリス川とユーフラテス川の間のメソポタミアの南部で生まれたプロト占星術というのが起源のようです。その当時は簡単な形で占いをしていたそうですが、今では時代を経て今の占星術が生まれました。
では、そのメソポタミア南部で生まれたものがどうやって日本に入ってきたのか。昔、教科書で出てきた卑弥呼が中国から教えてもらった占いで太占(フトマニ)という鹿の肩甲骨を焼いて、そのひびの入り方で占うやり方で始めたとされています。その後日本国内で改良され8世紀には、かの有名な陰陽師が生まれたといわれています。

数ある占いの中でも今回ピックアップしたいのが姓名判断。実はこの占いはまだ浅く、80年ほど前の明治時代以降に考えられたといわれています。その後の昭和初期に女性向け雑誌で有名になり、姓名判断が世間に広がりました。その姓名判断でもたくさんの流派ができ、流派によって名前の画数の数え方や判断の仕方が変わり、ある所では大吉だが別のところでは大凶ということもあるみたいです。なので、どの流派を信じるかはいろいろ調べてもいいかもしれませんね。そして、この流派の占いが良さそうと思ったところで自分のお子さんの名前を診てもらうといいかもしれません。男の子でしたら元気で人気者になれるような名前、女の子ならきれいで思いやりのある名前など相談して占い師さんに決めていただくのも一つの手でもありますね。
お子様の名前は一生ついてくるものになりますので、色々考え相談しながら決めていくのがいいかと思います。